各画像をクリックしていただくと拡大します


若手のHOPE、MIYASAKAパイプをご紹介します。
決して妥協しない、精巧な作りのパイプは、
手にとって頂ければ、その素晴らしさを実感して頂けると思います。
細部にいたるまで、丁寧に仕上がっています。トレードマークは、
「ゴイサギ(五位鷺)」

No.0601
チャンバー径:19mm  深さ:29mm
ボウル径:32mm  ボウル高さ:43.5mm
全長:115mm  重さ:23g

バーティカルタイプのパイプに抱いていた一つ疑問。
ベント?ストレート?
この際勝手に答えを出すことにしました。ストレートです。
スクエアシャンクで見た目を少し大きく見せていますが、小型・軽量なパイプです。
キズに見舞われてしまい、シャンクにパテ埋めを施しています。


No.0602
チャンバー径:20.5mm  深さ:29.5mm
ボウル径:48mm  ボウル高さ:42.5mm
全高:130mm  重さ:45g

オランダ水牛の角を飾りに使ったキノコ型のシッター。
火皿を若干広く取っているため、荒目のカットの煙草でも問題ありません。
普段の私なら笠の下側からシャンクを出すよう無理をしてしまうところですが、
開き直って笠の途中からニョキッとシャンクが生えるように作ってみました。
石突きから笠の裏側の凹面にかけてのカーブが非常に気に入っているのですが…
ボウルトップ付近に小さいキズが出てしまいました。


No.0507
チャンバー径:20mm  深さ:31.5mm
ボウル径:39/47.5mm  ボウル高さ:42mm
全長:162mm  重さ:42g
このように下側をえぐれさせた逆サドル型のマウスピースは今年に入ってから作り始めました。
#0502等に採用したのですが、「クラシカルなパイプに用いたらどうなる?」と作ってみたやや実験的なパイプです。
マウスピースの接合部だけでも全体の印象を変えられるようなので、今後も少しずつ発展させてゆきたい形です。
シャンクにはローズウッドの一種、パオローズを継いでいます。
なお、計測値から推測していただけると思いますが、細身ではあるものの、やや大振りなパイプです。


No.0509
チャンバー径:18.5mm  深さ:32mm
ボウル径:45mm  ボウル高さ:58mm
全長:128mm  重さ::42g
思い切ってボウルの片側を大胆に凹面に仕上げることで、形・木目共に満足のゆくパイプになりました。
日頃泣かされているキズも、ごくごく小さなスポットがある程度です。
シャンクエンドにはローズウッドの一種、パリサンダーを使っています。
普段から私が好んでいる形を随所に採用することで、
エッジが多い割に丸っこい印象を与えることができたと思います。
「この角度から見ろ」という制約の無いパイプです


0503
昨年の販売後<あれ欲しい>という声を頂いていた球形パイプです。
同じタイプである昨年の作品を上回る出来にするため、
シャンクからマウスピースにかけてかなり力を入れていたのですが、
最終的にボウルトップ付近にキズが現れてしまいました。
全体のフォルムには緩やかながらも進歩の跡を見出していただけると思います。
たっぷりの肉厚に標準サイズの火皿、おいしい煙を期待できます。
チャンバー径:19mm 深さ:33mm ボウル高さ:45mm 全長:135mm 重さ:50g


0502
パオローズを継いだフリーハンドのフルベント
全体的にかなり歪めていて、ボウルには螺旋状に肉が残るようにしてあります。
マウスピースには歪み、捻れ、曲げ、と複数の要素を盛り込みました。
ボウル部にはごく小さなスポットが出ています。
チャンバー径:20mm 深さ:38mm ボウル高さ:57mm
全高:143mm 重さ:34g


0504
ボウルが前傾でストレートシャンクのパイプは#0307以来です。
このようなシェイプは火皿低部やその側面の肉厚が薄くなりがちですが、
すべて6ミリ以上の厚みを残しつつ34gに収めています。
ともすれば繊細に仕上げたくなってしまうところを、
シャンクの太さを確保してしっかりとした印象を与えることにしました。
火皿は私のパイプでは深めの38ミリ(中央部)。普段よりも少しだけテーパーを強くしてあります。
チャンバー径:19mm 深さ:38mm ボウル高さ:45.5mm
全長:147mm 重さ:34g


0413
2004年最後の作品です。
ホルン型パイプの特徴である傾きを、
間に入れたツゲ材とマウスピースの玉を幾分前傾させることで強調しています。
ボウル側面に凹面を作ることで木目が途中で消失するのを防ぎ、良好な木目を確保しました。
シャンク左側に小さな傷が出てしまいましたが、このパイプでは形が優先と判断し、
無理に削り落とさずに仕上げています。
チャンバー径:20mm 深さ:35mm  ボウル幅:50mm ボウルTOP長さ:61mm 
長さ:146.5mm 重さ:56g


0412
半年ぶりの作品はドレススタイルのポット型です。
普段着ている背広の携帯電話用のポケットに入れて自分で使うつもりで製作しました。
どれ程に勘が鈍っているかのテストも兼ねていたのですが、
何の問題もなく仕上がった上に全面に綺麗な木目が
出てきてしまったため、自分用を諦めて販売することとなりました。
火皿が楕円形になっているため、一般のパイプよりも喫うのにコツが要りますが、
胸のポケットが不格好に膨らむことがなく、持ち歩きには最適です。
チャンバー径:16/26mm 深さ:35mm ボウル径:28/40mm 
長さ:120mm 重さ:24.5g


0408
丸っこいボウルの小振りなパイプ。シャンクに象牙を入れてみました。
ボウルトップと象牙部分に少しだけ手を加え、シンプルになり過ぎないようにしました。
チャンバー径:19mm 深さ:30mm 長さ:125mm 重さ:38g


0407
普段使用しているものより、2回りほど太い2段ダボ用のドリルを自作したので、早速使ってみました。
丸いボウルにローデシアンベントのシャンクとマウスピース。
小振りながら、図太さを演出できたと思います。
ボウル底部とシャンクにパテ埋めがあります。
チャンバー径:19mm 深さ:32.5mm 長さ:124mm 重さ:40g


0216
目を閉じてブライヤーに指を当てた箇所・角度に火皿を開けるところからスタートした、アドリブ100%のパイプ。02ナンバー最後の作品です。
シャンクからマウスピースに掛けて螺旋を描いています。マウスピースのねじれは無理にねじったものではなく、削りだしです。
少しコツは要りますが、モールはきちんと通ります。
チャンバー径:19.5mm 深さ:35mm 長さ:157mm 重さ:43g


0312
丸シャンクのボルケーノです。
木目も全体のラインも綺麗にできあがったのですが、
ボウル左前方8合目付近にキズが出てきてしまい、パテ埋めを施しています。
継ぎ材にはブライヤーを使用し、前後を色違いの水牛の角ではさんでみました。
マウスピースには0319と同じラインをもたせています。
継ぎ材を用いたパイプのマウスピースを外す際には、破損を防ぐため、
マウスピースに近い部位を把持してください。
チャンバー径:20mm 深さ:34mm 長さ:135mm 重さ:40g


0319
象足を少しいじくってみました。側面をぐるりとくびれさせています。
シャンクエンドの柘植材とマウスピースのカーブが特徴です。
シャンク下部に一箇所パテ埋めを施しています。
チャンバー径:20mm 深さ:28mm 長さ:133mm 重さ:46g


0318
ショートサイズのビリヤードです。
ストレートシャンクにしようとも考えたのですが、せっかくですので少しうねらせて見ました。
マウスピースには象牙を入れてあります。
チャンバー径:20.5mm 深さ:34mm 長さ:125mm 重さ:30g


0317
大き目のパイプです。ボウルトプからシャンクにかけてスロープを付けてあります。
エッジが多いですが、指に当たらないように配置してみました。
木目が移り変わる様がよく見て取れるように、横軸で木目を取り、黒とこげ茶のシンプルな着色にしました。
チャンバー径:21mm 深さ:34mm 長さ:170mm 重さ:56g


0310
根竹を継いで、その前後にカンバーランドを配しました。ボウル全体は非対称で高さも異なります。
染料のノリが良く、ボウルトップのバーズの色合いはちょっとしたものです。
全長:146mm チャンバー径:21mm 深さ:37mm 
ボウルトップサイズ54×45mm 重さ:40g


0311
断面が縦長の楕円になるシャンクを見かけないので作ってみました。
結果、側面からはどっしりと見えつつ、上からはスリムに見えるパイプになりました。
全体が左右対称に仕上げられた、ややおとなし目のパイプです。
全長:149mm チャンバー径:21mm 深さ:38mm 
ボウルトップサイズ54×40mm 高さ:47mm 重さ:40g


0309
のんびりと喫う時に使いたい、いわゆる「置ける」パイプです。
リップ部の下半分を多めに削り込んでみました。
このような形状や大きさのパイプは、くわえるよりも手に持ちつつ、唇に当てての喫煙が多くなる為です。
リップ部の厚みから来る違和感を減らすことが出来たと思います。
全長:154mm チャンバー径:21mm 深さ:36mm 重さ:60g


0307
バーズアイとストレートグレインの両方を楽しめる、シンメトリックグレインのパイプです。
ボウル部分はハンドメイドらしさを意識しましたが、ストレート型で太めのシャンクと、
間に入れた象牙のリングがフォーマルな印象を与えています。
姿勢の良い方に、かっこよくくわえて頂きたいパイプです。
全長:139mm チャンバー径:20mm 深さ:37mm 重さ:40g

0306
手持ちの最も小さな原木を使って製作したのですが、普段作るよりも長めに仕上がりました。
キズは殆どなく、おとなしい形です。火皿をやや大きめにしてみました。
ゆったりと火をまわす事が出来ると思います。
全長:150mm チャンバー径:21mm 深さ:30mm 重さ:44g


0304
1ヶ月振りに手がけたパイプは、製作過程の心変わりから特異な形となりました。
全体に巡らせたエッジと、ツイストしたシャンクが特徴です。
マウスピースは2段ダボ。また、安定して自立するようになっています。
ツイストシャンクは、普段犠牲になりがちなシャンク部の木目を際立たせています。
ボウル正面のエッジ部にキズが出てしまったのが残念です。
全長:140mm チャンバー径:19.5mm 深さ:38mm 重さ:51.5g


0303
綺麗な木目を出すことが出来ました。パイプを返してみると、
木目が放射状に広がる様がよく分かります。
ボウルトップは左右対称にうねらせて、手前と奥には逆の起伏を持たせてあります。
少しですが、ラフを残してみました。
残念なことに製作終了間際にキズが出てしまいましたので、埋木を施してあります。
殆ど目立たないと思いますが、探してみてください。
全長:141mm チャンバー径:19mm 深さ:35mm 重さ:49g


0302
ボルケーノタイプのパイプです、タガヤサンで継いで見ました。
製作過程中全く傷が出なかったのですが、
紙やすりを掛ける段階で小さなキズが底部に出てしまいました。
ボウル側面はキズがない上に、木目のコントラストが非常に綺麗なので、全くの無着色で仕上げました。
2段ダボですので、メンテナンスしやすいと思います。
全長:145mm チャンバー径:18mm 深さ:34mm 重さ:55g


26,000円で販売中!

26,000円で販売中!

No.0212
小振りながらも、タバコがたくさん詰めることの出来るパイプを目指して作りました。
小振りなパイプは個性が出にくくなりがちですが、パイプ全体をうねらせることで、
ハンドメイドらしさを出してみました。
シャンクからマウスピースの部分は、どの角度から見ても曲がっています。
ダボ接合部には、真円を出しています。
全長:124mm チャンバー径:19.5mm 深さ:38mm 重さ:40g


No.0214
飽きの来ないクラシカルなシェープです。
小振りですが、肉厚なボウルとマット仕上げの外観はとても魅力的です。(店主コメント)
全長132mm チャンバー径:19.5mm 深さ33mm 重さ40g


No.0301
全長:141mm 火皿直径:19mm 深さ:40mm 重さ43g
卵を逆さにしたような形で、手にしっくりと来るパイプです。
火皿が少し深めになっているので、テーパーをややきつくしてあります。


記念すべき、1作目の販売開始パイプ。
ボルケーノ型で、非常に木目も美しいですが、ボウル上部に埋木があるのが残念でした。
残念ながら、各サイズは未計測


TOPページへ戻る
一つ前のページへ戻る メニューページへ

RATTRAY'S
YELLO BOLE
  Bariパイプ CASUAL PIPES gigi    
 
下記記ブランドは、別サイト
https://www.pipeando.net/
よりご購入頂きますようお願いいたします。 決済システムが異なりますのでご注意下さい。

菊池 朝美

大井誉四郎
   

1 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13 16 17 18 19
20 21 22 23 25 26 29 30 32 33 36 37 39 40 41 42 43 44 45 46 47
ショートスモーク オリーブ 機能性パイプ 入門セット Bari
Davidoff Tsutomu
お買い得パイプ  自作用原木&パイプ
ユーズドパイプ

パイプの修理

パイプの修理、特に多いのがマウスピースの修理です。
パイプのマウスピースは他の工業製品とは違い、部品を単に付け替えればよいと言うわけではありません。
ハンドメイドパイプはもちろんですが、メーカー製のパイプでも1本ごとに微調整して出荷されます。
その為、同型のマウスピースをはめてもダボが合わなかったり、すり合わせが合わなかったりします。
マウスピースの修理はほとんどの場合新規作成となり、パイプをお預かりさせて頂いております。
期間は2-4週間、金額は8,400円から15,750円(ダンヒル)程です。
また、メンテナンスもお受けしておりますので、ご相談下さい。

SSLショッピングカート

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁止します。
当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ https://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ