SNUFFとは??

細かく粉末化したタバコの葉をを鼻孔で直持楽しむ(吸い込む)事を意味します。
古くは英国の貴族層が楽しんだ物で、非常に歴史があります。
気軽に楽しめるようになるまでには、少々時間を必要とするかもしれませんが、たばこを楽しむこととは全く異なる至福の時を手にして下さい。
楽しみ方は、人指し指と親指で軽く少量をつまみ、最初に左の鼻孔へ短く鋭く収い込み、次に右の鼻孔で同じ動作を繰り返します。最初はくしゃみが出ますが、気にすることはありません。しばらくすると慣れてきます。
SNUFFのいいところは、煙が出ないために周りを気にせずどこででも楽しめることですね。
電車の中、飛行機の中、オフィス等、禁煙になっている場所は非常に多いです。
いや、喫煙していい場所の方が限られているといってもいいですね。
また、煙を吸い込むのではないので、肺や喉などの気管支に全く負担を掛けません。
SNUFFは、ニコチンを鼻の粘膜から吸収します。
紙巻たばこと違い、かなり直接的に体内に吸収しますので、少量でも以外に効きます。
眠い時や、何となくすっきりしない時に嗅ぎますと、頭がすっきりするのが分かります。
別に「危ない物」ではありません。合法的なドラッグなのかもしれませんね。
あなたも一度お試しください。

簡単な歴史
英国においては17世紀に入り流行の兆しが見えました。宮廷文化の影響が大きかったフランス、スコットランドでは、もう少し早い時期に流行しました。
フランス/ルイ13世は、医師の処方箋なしにはSNUFFの使用を禁じました。
風邪、鼻詰まり等の症状を治癒するものと信しられていたからです。
現在、喫煙に関して厳しい法的規制と世論の中にある、アメリカ、カナダ、そしてスウェーデンで急激にその愛好者を伸ばしています。
世界中からSNUFFに一番適したタバコの葉を、慎重にいく種類かをを厳選し発酵と熟成を何度も繰り返し、昔なガらの製法を頑なに守りながら、絹のようになめらかな薫りたつSNUFFが生まれます。
最後の段階で秘伝のオイルが加えられ薫りをしっかりと染み込ませるために木の樽でじつ<りと熟成せます。
今、人気のアロマテラピーの原材料である天烈香料−スぺアミント、ラベンダー、ベガモット、ラズベリー、オレンジ等は、昔から加味されています。

TOPページへ戻ります 1つ前のページへ戻ります

探し物は何ですか?検索する文字指定 :

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ http://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ